<< 佐久間信盛の兜櫃に幹とあり、乾(いぬい) | main | 日本では夜須、ウガヤ丑王の時 >>

天神さまのと、わらべ歌にも、伝わるように、日本独特の、歴史では、ありません

天皇は日本だけ、伝わっていますが、それは日本に、天皇即ち、天神と呼ばれているのが、伝わっていた明かしです。

ここで天神さまのと、わらべ歌にも、伝わるように、日本独特の、歴史では、ありません。

そこで今回は、天神の、いわれについて、のべてみよう。

教育では、教えられ、なかった、

JUGEMテーマ:学問・学校

、でしょう。それは分からなかった、という事です。

天神という名は、日本に色々、伝わっているが、これが解明した児島宮歴研会は、三年前暮れに、中国福建省屛山の地鉄工事の時、呉越の戦いで知られる、越王勾践の越城と呉城の、近くに、末裔の楚国に、越国は、、、、敗れ、ビン越と名乗り、丁度、楚国の項羽と、劉邦の戦で一時は、劉邦が危機になった時、越国の無渚王、が、助けたので、楚国の項羽は敗北、した。これに劉邦は国の名を、漢国としたので、感謝した劉邦は、越王と城を建てる事を、許可されたのが、平山という地の、今の地鉄平山駅の、治城という事が、判明し、越国にゆかりの、福岡県朝倉郡夜須(現筑前町)篠隈の児島宮歴研会が解明したので、日本の天神ゆかりが、、今の地鉄平山駅にある事が判りました。

日本の考古学協会は、まだ何も、解明は、していませんでした。

 

ここからは、天神について、児島宮系譜に深く関係する、神のすべてが、関係している事を突き充てるあてる事ができました。

あまりにも膨大な資料なので、説明しても、むずかしいので一部、に焦点をあてて、

解説してまいりたいと思います。

 

児島宮系譜に深く関係する、神のすべてが、関係しています、児島宮系譜は、児島高徳の作「太平記」の、呉越の戦いで知られる、越王勾践とケルトの発祥に関わります、このケルト文字か紋章が三年前の、今の地鉄平山駅の、治城に関係している事が判りました。それはビン越の発祥と、関わっていた事も解りました。

このビン越治城の発掘調査で、ずいぶん前に朝倉夜須では農地整備事業で、夜須広域遺跡が、殆ど、全域にわたって、広がっている事が、判りました。

この灰色硬質土器の窯が夜須窯というが、何故か朝倉窯と、呼ばれる事になっていた。

この灰色硬質土器に、ケルト文字が刻印されている事が、何の目的か、教育委員会文化財課は、突き止めては、いませんでした。

NHKテレビ報道が撮影しても、裏付けできる学者が居ないという事で、没とされた。

 

解明出来たのは、ビン越治城の発掘調査時、雲巻き軒丸瓦の模様に、ケルト文字と深く関係していたのです、丁度同じ時期、京都の古美術商の売り立てで、奈良の神武地の近郊の瓦という、後で確かめて、聴きだした、結果である。

つぎから次へと、表れた、灰色硬質土器に、ケルト文字の刻印が有力な、手がかりとなったのは、云うまでもありません。

歴史的な大発見なのに、インターネットは、追及されていなかった。

遅れた古代史がここに浮かび上がった。

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.10.24 Wednesday
  • -
  • 18:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM